プロフィール

Alice

Author:Alice
心に映りゆくことをつれづれなるままに・・・
気まぐれ日記ですが、よろしくお付き合いくださいませ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Alice's Diary Blog
日々の生活をつれづれなるままに・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I made a story!
滞在中のトピックですが、私自身のホームステイで一番嬉しかったのは、
House Keyを2人の方からいただいたことです。
1人目は、最初のホストのLorraineで、2人目は来年大人のExchange
が行なわれるなら、ウチに滞在予定のTammyです。
Lorraineは、仕事で不在のことが多いから、私が自由に家を出入りできるように
鍵を用意していてくれたのですが、カナダ旗バージョンのスペシャルキーです。
滞在中はもちろん、ホームステイが終わってからも、その鍵はもっていて、
いつ帰って来てもいいのよ、と言われて感激しました。
ですので、Ouemitte家に滞在中に外出した時は、ホストが一緒でも、いつも
IDカードと一緒にその鍵を首から提げていました。

そして、Tammyからのは、帰国数日前にTammyがBarb宅に娘達と一緒に来た時、
大人のExchangeに参加できるなら、BarbがUテューター宅に泊まり、Tammyがウチに
泊まれば阿蘇近辺で一緒に楽しめる、という話をしていたら、夕方再会した時に、
チェーンはつけてないけど、これはあなたのものよ、と言ってHolborn家の鍵を
くれました。 その日、その週の初めに、9年前にミシガンでお世話になった
Nepperご夫妻が会いに来てくれた話をしていたので、Tammyが、「10年後でも、
引っ越してはいないから、いつでも入って来ていいのよ」と言ってくれた時には、
また感激しました。
カナダにいつでも入れる家が2軒もあるなんて、私は何て幸せ者でしょう!
このご縁を大事にして行きたいと思います。

2番目に嬉しかったのは、Barb宅にステイ中に子牛が産まれ、私の名前をつけてくれたことです。
前回シャペロンを受け入れされた時も、ステイ中に子牛が産まれ、やはりその方の名前を
つけられたそうで、和名の乳牛が少なくとも2頭はいることになります。


帰国直前に、肝が冷えた体験も、1つやってしまいました。
Barb宅での滞在最後の日、最後の夕食はBurgess Farmの牛肉をバーベキューに
すると言われていて、私はジャガイモをゆでておくことを請け負っていました。
Barb宅のキッチンセットはとても古く、40年も使っている電熱ヒーターとオーブンが
大小2台ビルトインされてるタイプです。そして、それぞれのスイッチが右上部に
まとめて配置されているのですが、使い方を教えてもらった時に、電熱ヒーターの
スイッチの目盛りが薄くなってて見難かったため、例として上の小さいオーブンの
横の目盛りを示して教えてくださってたのを、最初にそのスイッチをHIにしてから
電熱ヒーターのスイッチを入れねばならないと勘違いしてしまい、小さいオーブンを
空焚きしてしまいました!
Barbが搾乳の仕事を終えて家に入って来た時、何か変な臭いがすると言って
小さなオーブンを開けたら、何と 中で何かが燃えていたのです!
慌ててオーブンのドアを閉めたBarbが、消防署に"Small fire in my kitchen!"と言って電話しました。
私はもうびっくりしてしまって、何ということをしでかしてしまったんだろうと、身を縮めて
隅に引っ込んでいました。
数分後に、はしご車も含めて消防車が3台やって来て、消防士の方が台所に入って
来られて、まずはそのキッチンセットを食器棚から離されました。
小さなオーブンの中で燃えていたのは、オーブン皿を引き出す取っ手で、プラスチック
製のものだったので、高温になって燃えてしまったのでした。
その炎は直に消えたのですが、オーブンがかなり熱を持っていたので、スイッチの
ところのガラスにひびが入ってしまいました。
でも、直接的な被害はそれだけに収まり、オーブンも電熱ヒーターもちゃんと作動するから、
もう気にしないように、と消防士の方もBarbや他のBurgess家の皆さんも笑って声を
かけてくださいました。
年代物なので買い替え時なのでは?私が弁償しますから、ぜひ新しいものと換えたら?
と言うと、ガラスにひびは入ったけど、それだけでオーブンもヒーターもまだ使えるから
換える気はないと言われました。
そのひびは、まさしく[memorial crack]で、そのキッチンセットがある限り、いつまでも
私のことが話題に上がって笑われるでしょう(^^;
私も、"I made a story!"と苦笑してしまいました。

翌日が集結日でしたが、ホストファミリーの皆さんも私のしでかした事をご存知で、
話の種にされてしまいました。被害が最小で済んだので笑い話になってますけど、
しでかした本人としては、本当に穴があったら入りたい気持ちでした。
それを、笑って許してくださったBurgess家の皆さんの懐の深さに、本当に感謝しています。
また、古い物を大事に使う精神も、ぜひ見習いたいと思います。


帰宅したら、受入れ準備のために、溜まりに溜まった物を整理し、掃除も頑張らなくては!
昨夏受入れした時、結構頑張って整理したのですが、またもや溜まって来てしまっているので、
今度はもう少し頭も使って整理しなくてはと思っています。
以前は自宅でパーティや父母会をしていたのだから、その位までは回復したいもの。
でも、増え過ぎた本をどうするかが、一番頭の痛いところです(^^;
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。