プロフィール

Alice

Author:Alice
心に映りゆくことをつれづれなるままに・・・
気まぐれ日記ですが、よろしくお付き合いくださいませ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Alice's Diary Blog
日々の生活をつれづれなるままに・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の交流発表会終了
12/22(土)に、ラボ熊本地区全体での交流発表会を行ない、我がパーティは午前の部でナーサリー・ライムズ・メドレーを発表しました。
・Ring-a-ring o' roses
・Polly put the kettle on
・Three little monkey
・Pease porridge hot
・This is the house that Jack built
1曲目~4曲目は音楽CDで所作をしながら歌い、[This is the house that Jack built]は、挿絵を拡大コピーしたものを塗り絵して厚紙に貼り、英語で言う時はその絵を幼児達が持って、日本語の時は絵を下に置いて所作をしながら発表しました。

表現力から言えば、今週のパーティでの練習が一番良い出来でしたが、小さい子も親御さんから離れてちゃんとステージに立てて、最後までその場にいられたので、その子達にとっては大きな一歩だったと思います。
お家では出来るのにパーティでは出来ないとか、パーティでは出来てもステージでは出来ないとか、練習の成果を発揮できないと、周りで見守ってる大人としては残念に思われることもあるでしょうが、人前で緊張せずに大きな声で発表できるまでには、やはり経験が必要だと思います。
子ども達の一人ひとりが、一歩ずつ成長して行く姿を、暖かく見守っていただきたいと思います。

夏の発表では、幼児達はカラオケCDがないソングバーズを発表したため、歌入りのCDを流しながらでは、子ども達の声が聞こえないのが残念で、今回はぜひ音楽CDで発表したいと思って取り組みました。
10月後半から曲を決めて練習して来ましたが、[This is the house that Jack built]は積み上げ歌でちょっと長いし、CDではとても早く言ってるので、最初のうちは最後まで行き着かずに諦めてしまう子もいて、どうなることかと思いました。
でも、パーティではゆっくり練習していたし、2ヶ月経つと、最後の練習の時には、日本語だけでなく、英語でも結構言えるようになってて、大したものだと子ども達の可能性を再認識しました。
「家でも、いつの間にか口ずさんでてびっくりしました」というラボママのお声も聞かれましたし、一人ひとりがそれぞれのペースで成長してくれていることを嬉しく思います。

今の幼児グループの子達は、まだ自分達のテーマ活動の発表を経験していませんが、他のパーティの発表を見て、良い刺激を受けてくれるのを期待しています。
午前の部では、『ジャックと豆の木』、『石からスープができるかな』、『ふしぎのくにのアリス~ハートの女王~』、『がちょうのペチューニア』、午後の部では、『ヘンゼルとグレーテル』、『ききみみずきん』、『三匹のやぎのがらがらどん』の発表があり、皆の頑張ってる姿が微笑ましく、楽しませてもらいました。
発表を見ることで、そのお話に興味を持ち、ラボ・ライブラリーを聴くきっかけになってくれたらいいなとも思います。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://alicy.blog32.fc2.com/tb.php/101-2492caf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。