プロフィール

Alice

Author:Alice
心に映りゆくことをつれづれなるままに・・・
気まぐれ日記ですが、よろしくお付き合いくださいませ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Alice's Diary Blog
日々の生活をつれづれなるままに・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美をつむぎ出す手
先日(9/28)TV番組欄を見ていたら、山本容子さんの名前が目に飛び込んで来ました。NHK教育の「おしゃれ工房」という番組で、「藤原美智子のビューティー・レッスン」の2回目に、「美をつむぎ出す手を訪ねて」というサブタイトルで、ヘア&メイクアップアーティストの藤原美智子さんが銅版画家の山本容子さんのアトリエを初めて訪ね、愛してやまない山本作品の「自由なライン」「透明感」の秘密を探るという内容でした。

山本容子さんは、ラボ・ライブラリー(ラボ教育センター出版)の『ふしぎの国のアリス』のイラストを描いてくださった方なので、録画しておいて観ました。
Alice In Wonderland
銅版画は、銅版表面に腐食を防ぐ茶色い膜が貼ってあり、その薄い膜を、尖った物で引っかいて描いた後、銅を腐食させる液につけ、膜がはがれた部分が腐食することで、固い銅版に溝が刻まれることになるそうです。
その線を描くときの秘訣や、溝にインクを入れる時のテクニックなど、プロの技に感嘆しながら見ていました。
藤原さんがお好きな「迷いのない柔らかい線」は、銅版上の膜を引っかく道具を工夫することで出されるそうです。本来の道具はニードルという針のように先が細いものですが、それだと固いので、山本さんの場合、もう少し柔らかい線を出すために9Hの鉛筆を使われたり、もっと柔らかい線を出す時は色鉛筆、細い竹を使ったりされるとか。他にも、絵の具の固まった筆先や、愛犬の爪でひっかいたり、指先でこする時もあるそうで、何でも道具になると言われていました。

溝を刻んだ後、その溝にインクを入れて、余分なインクを落とす時にも、手の平の色んな部分や指など、イメージ通りの表情を出すために色々工夫されてることが分かりました。

そうして印刷した線画に、今度は彩色するのですが、そこにも山本さんなりのこだわりがあり、藤原さんがお好きな「透明感」や「躍動感」は、紙や紙の地色を選ぶところから考えられていました。
ラボ・ライブラリーの『ふしぎの国のアリス』のイラストもそうですが、山本さんの作品の紙の地色はベージュのものが多いようです。それは、山本さんが大好きな「白」を引き立てるためにその色を選ばれてるそうです。

番組中で、『ガーシュイン』という作品に彩色するところを見せてくださったのですが、まず白を載せたいところに塗って、その後、イメージに合わせて数色の色を載せていらっしゃいました。濁った色はあまりお好きでないということで、色数はあまり多くなく、混色する時も2~3色程度とか。その色使いが、あの山本作品の透明感を出していらっしゃるんですね。

線画に色を載せると、平面的な絵に命が吹き込まれたようで、山本さんが仕上げられた『ガーシュイン』を見ていると『ラプソディ・イン・ブルー』が聞こえて来るようでした(^^)

山本さんの銅版画にかける思いと様々なテクニックを聞いた後で『ふしぎの国のアリス』を眺めると、絵に対する見方も変わって来たように思います。
今年の新刊ラボ・ライブラリーの中の『はだかのダルシン』の絵を描かれた永山裕子さんについても、[LABO LIBRARY EXPRESS 2006 SUMMER EDITION]において、永山さんのこの作品に寄せる思いや作品の手法などを紹介されていたので、実際に出来上がった作品を拝見する時に、永山さんの思いがより伝わったと思います。

でも、この番組中に、藤原さんも言われていましたが、せっかくの作品も、原画と印刷されたものでは、やはり色や質感の伝わり方が全然違うんですよね。
だからこそ、機会があれば、なるべく原画に接したいとは思っていますが、中々難しいので、仕方なく画集で我慢しています(^^;
この番組でも紹介されてた 山本さんの画集『女・女』(各時代を生き生きと生きていた女性100人を描いた作品集)を、早速Amazonで注文してしまいましたので、届くのが楽しみです(^o^)


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://alicy.blog32.fc2.com/tb.php/36-3c7ce08f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。